[PR]

 菅原一秀経済産業相が選挙区(衆院東京9区)内での寄付問題で辞任したことを受け、地元の東京都練馬区の有権者らは「たまたま狙われた」「恥だ」などと語った。

 「政治家なんて、同じようなことをいくらでもやっている。たまたま一秀さんが狙われただけの話。大臣になれば、何でもたたかれるんだから」

 菅原氏の後援会員の女性は不満を隠さなかった。ただ、今月になって週刊誌報道が始まった後も、秘書が香典を持参する姿を写真に撮られたことには「脇が甘い。大臣になったんだから、身ぎれいにしないといけなかった」と語った。

 菅原氏は練馬区議、都議を経て衆院議員になった。後援会員の男性(75)は「この地域からたたき上げで大臣までなった人で、注目していただけに非常に残念」と肩を落とした。

 会社員の女性(34)は「大臣として特に何もしないまま辞めてしまった。地元の恥だ」と語った。