【動画】商業捕鯨のニタリクジラ料理で試食会=貞松慎二郎撮影
[PR]

 31年ぶりに再開された商業捕鯨で、捕獲数が最も多かったニタリクジラ(187頭)。ただクセが強く、「おいしくない」という評判も聞く。沖合操業の母船式船団が帰港した山口県下関市で24~25日、一般市民向けの試食会があり、記者もその味を確かめた。

 「商業捕鯨で捕獲したニタリクジラですよー!」。JR下関駅前の商業施設「シーモール下関」2階に設けられた試食会場で、主催者が買い物客に呼びかけた。仙台港で7月末に陸揚げしたニタリクジラの赤肉に火を通し、みそやみりんなどで味付けして煮込んだ「くじらみそ」が無料で振る舞われた。調査捕鯨の副産物だった鯨肉を使った大和煮やレトルトカレー、ベーコン、ソーセージ、すじ煮込みなども販売された。

 南極海のミンククジラに比べると、ニタリクジラはなじみがなく、肉質も劣るという見方が下関でも根強い。ところが、実際に沖合で操業した母船式船団の乗組員は帰港後、「臭みはなく、肉質は格段に良い」と話していた。

 今回、試食した下関市民の反応…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら