[PR]

 2020年東京五輪の大会組織委員会は25日、ギリシャから日本に聖火を運ぶ特別輸送機のデザインを公表した。炎を模した赤いグラデーションと、聖火ランナーが金色の大地を走る様子を、ボーイング787の白い機体にあしらった。運航は日本航空と全日本空輸が共同で行い、ライバル同士のロゴが並ぶ初めての機体となる。

 輸送機は来年3月19日にギリシャで聖火を引き継ぎ、日本に向けて出発。翌20日の日中に航空自衛隊の松島基地(宮城県東松島市)に到着する。聖火リレーは26日に福島県からスタート。国内各地を回り、開会式のある7月24日に新国立競技場へ聖火が届けられる予定だ。

 ギリシャから日本までの聖火の運び手は、金メダリストの野村忠宏さん(柔道)と吉田沙保里さん(レスリング)が担うことも発表された。野村さんは「聖火を持って帰る大役。アスリートとして誇りに思う」、吉田さんは「日本のみなさんが笑顔になってくれることを期待して、大事に持って帰りたい」と話した。(高橋尚之)