[PR]

 参院埼玉選挙区の補欠選挙(被選挙数1)が27日にあり、無所属新顔で前埼玉県知事の上田清司氏(71)が、前参院議員でNHKから国民を守る党(N国)党首の立花孝志氏(52)を破り、初当選を決めた。投票率は20・81%だった。

 補選は大野元裕・埼玉県知事が8月の知事選に出るために参院議員を辞職したのに伴うもの。国政選挙にN国を除く主要政党が独自候補を立てない異例の構図だった。

 選挙戦で、上田氏は4期16年の知事の実績と知名度をもとに、地方重視の政治や社会保障制度改革などを訴えていた。

 立花氏は告示直前に立候補を表明。既得権益に対する戦いだとして消費税率5%への引き下げなどを主張していた。