【動画】大雨で増水した養老川と高滝ダム 千葉・市原市=今泉奏撮影
[PR]

 台風21号の影響で、千葉県では25日、半日で1カ月分の雨量を上回るなど記録的な大雨となった。雨で河川の氾濫(はんらん)や土砂崩れが相次ぎ、4人が死亡した。茨城県や福島県なども大雨となり、避難指示や避難勧告が相次いだ。東北では26日昼前まで大雨の恐れがあり、気象庁は注意を呼びかけている。

 同庁によると、千葉県市原市牛久では25日夕方までに、12時間雨量が平年の10月の1カ月分を大幅に上回る283・5ミリを記録。千葉市と八街市付近では25日午後、いずれも解析雨量で1時間に約100ミリを観測し、記録的短時間大雨情報が発表された。福島県浪江町や茨城県鉾田市などでも25日夜までに、12時間雨量が200ミリを上回った。

 関東の東の海上にあった台風21号から、暖かく湿った空気が房総半島の上空に流入。関東上空の別の寒気とぶつかって発達した雨雲が次々と発生。局地的な前線が南北に広がって停滞し、千葉県で長時間の大雨になったという。

 25日夕方から夜にかけて、市原市の養老川と神崎川などや、台風19号で大きな被害が出た福島県いわき市の夏井川などで氾濫が発生。同県南相馬市の高の倉ダムでは午後10時から緊急放流が始まった。千葉県の二つのダムでも、緊急放流が一時検討された。

 避難指示は、千葉県各地のほか、福島県いわき市全域の約34万人や南相馬市全域の約5万4千人、宮城県丸森町全域の約1万3千人に出された。

 千葉県警などによると、2カ所で土砂崩れが発生した千葉市緑区では、住宅計3棟が巻き込まれ、60代の男性と女性が死亡。ほかに1人と連絡が取れていないという。長柄町と長南町の男性も死亡した。

 大雨をもたらした雨雲は26日昼前にかけて、東北でも大雨を降らす恐れがある。26日午後6時までに予想される24時間雨量は、東北150ミリ、関東100ミリとなっている。(金山隆之介)