[PR]

 25日午前10時半ごろ、栃木県栃木市湊町に住む女性から、市役所の職員を名乗る男2人組に「大雨のため避難が必要。避難の際には鍵はかけないでほしい」「家の中を見せてほしい」などと声をかけられたと市に通報があった。女性が不審に思って応じないでいると、2人は立ち去ったという。

 栃木署によると、2人組は薄い青色の作業着姿で、1人はマスクをつけた20~30代の男。もう1人はメガネをかけた40代くらいの男という。栃木市は「事前の通告なしに市の職員が訪れることはない。怪しいと思ったら身分証を確認してほしい」と注意を呼びかけている。

 県警は避難勧告に乗じた空き巣狙いとみて、台風19号で被害のあった栃木市や佐野市などを中心に注意を呼びかけ、巡回態勢を強化している。(若井琢水)