[PR]

 静かな暮らし、静かな夜を取り戻したい、という原告の声は届かなかった。広島高裁で25日にあった岩国爆音訴訟の控訴審判決。過去の被害分に限って賠償を命じた一方、飛行差し止めは再び退けられた。従来通りの判決内容に、原告からは憤りの声があがった。

 「最初から『却下、却下』のオンパレード。皆さんもあぜんとして聞いたんじゃないか」

 判決後、広島高裁近くの広島弁護士会館であった報告集会には、弁護団や支援者ら約180人が集まった。原告団長の津田利明さん(73)は米軍機と自衛隊機の夜間から早朝の飛行差し止めや将来分の賠償を認めなかった判決を法廷で聞き、こう振り返った。

 弁護団の山田延広・共同代表は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら