[PR]

 家電大手ノジマが、不正な不動産融資のあったスルガ銀行(静岡県沼津市)の筆頭株主になる。スルガの創業家とファミリー企業の持つ全株式をノジマが取得し、持ち株比率(議決権ベース)が18・52%になる。不正の一因を生んだ創業家との関係を断ち切り、スルガの経営立て直しをめざす。

 ノジマは6月末時点でスルガ株の4・99%(議決権ベース)を持ち、第2位の大株主。10月29日付で、創業家などが持つ計13・52%分を約140億円で追加取得する。スルガと創業家との資本関係は、完全に解消されることになる。25日にノジマとスルガ銀が一連の株式取得について発表した。

 不透明な取引が問題になってき…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら