[PR]

 知人男性から35万円を脅し取ったとして恐喝の疑いで警視庁に書類送検されたモデルの道端アンジェリカさん(33)について、東京地検は25日、不起訴にし、発表した。地検は「起訴するに足る証拠を得られなかった」としており、嫌疑不十分とみられる。

 地検は同日、恐喝容疑で逮捕された飲食店経営の夫(37)を脅迫容疑に切り替えた上で不起訴とした。起訴猶予とみられる。

 警視庁によると、道端さんは夫と共謀し、8月7日、東京都渋谷区の会社事務所で、男性を「お前の家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅し、指定した口座に35万円を振り込ませた疑いで書類送検された。

 モデルの道端アンジェリカさん(33)の所属事務所は、道端さんが当面は子育てに専念し、芸能活動を休止すると公式サイトで発表した。全文は次の通り。

     ◇

道端アンジェリカの書類送検報道について

今回の一連の報道に対し、多くの皆様に不快な思いと、ご迷惑をお掛けしております事を改めてお詫(わ)び申し上げます。

確認した所によりますと、道端アンジェリカは本案件で不起訴(嫌疑不十分)となり、夫と共謀した事実が無かったと検察が判断したという事ですので、これまでの「疑い」を持たれた数々の報道は否定されたと思っております。

しかし、弊社としましても、当然の事ではありますが、送検されたという事実自体は大変残念に思いますし、困惑しております。

今現在、本人の考え方としては先般お出ししたコメントを以(もっ)て全て表明しているという認識です。

尚、夫婦間の事に関してはプライベートな事ですので、これからゆっくりと時間をかけて二人で結論を出していくという状況だと思われます。

今後の活動等(など)についてですが、当面は子育てに専念し、関係者の皆様のご理解を得て、しばらくの間、自らを見つめ直す時間に充てさせたいと思います。

最後になりますが、これまでお世話になってきた関係者の方々、応援して下さった全ての皆様に所属事務所として、今一度心よりお詫びを申し上げます。