[PR]

 東京都渋谷区の児童養護施設で今年2月、施設長の男性(当時46)が刺殺された事件で、殺人容疑で送検された元入所者の男性(23)を不起訴とした東京地検の処分について、東京第六検察審査会が「不起訴不当」と議決していたことがわかった。議決は今月9日付。地検が再捜査し、改めて処分を判断する。

 検審は議決で「男性が心神喪失中に殺人を犯した蓋然(がいぜん)性が高いとした検討は不十分だ」と指摘。「検察官の判断には納得できないため、再度の検討を求める」とした。

 男性は2月25日、児童養護施設「若草寮」で、施設長の大森信也さんの右胸などを刃物で刺して殺害しようとした殺人未遂容疑で警視庁に現行犯逮捕された。殺人容疑に切り替えて送検されたが、地検は精神鑑定した上で刑事責任を問えないと判断。5月に不起訴としたため、遺族がこれを不服として検審に審査を申し立てていた。