[PR]

 第67回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の職場・一般の部が27日、青森市の「リンクステーションホール青森」で開かれ、四国支部代表として出場した「藤原大征(ひろゆき)とゆかいな音楽仲間たち」は後半の部で銅賞を受けた。

 6年連続7回目の出場で、自由曲は長生淳作曲「トリトン・デュアリティ」を披露。穏やかさと荒々しさという海の二面性を、劇的かつダイナミックに表現した。

 団長代行の田窪智昭さん(44)は「全員が一体になって、曲名の通りメリハリもつけられました。これまででいちばんいい演奏ができました」。指揮者の藤原さん(74)は「団員がみなよくがんばってくれました。心からねぎらってやりたい」と振り返った。(白銀泰)

関連ニュース