[PR]

 イラン人女性が自分の顔を加工した画像をインスタグラムに投稿したところ、「人々を恐怖に陥れた」などとして当局に逮捕された問題で、この女性が国営テレビの番組に出演し、「フォロワーが増えるのがうれしかった。正しいことをしていると思っていた」と後悔の言葉を口にした。番組は、女性を逮捕した司法当局などの協力を得て作られたとみられる。

 女性は、テヘラン在住でサハール・タバールという名前で知られ、約50万のフォロワーがいる20代のインフルエンサー(影響力のある人)。画像加工ソフトを使って、目を大きくしたり、ほおをこけさせたりした修整画像を投稿していた。イスラム教シーア派を国教とするイランで女性が公共の場で着用しなければならない「ヘジャブ」(髪の毛を覆う布)を外した画像も投稿していた。

 こうした画像を問題視した人たちが、文化的な問題やインターネットについての捜査を担当する当局に通報した結果、「人々を恐怖に陥れ、イスラム的な価値観を無視して若者を腐敗させた」として逮捕されたと今月5日に報じられていた。

 そのタバールさんが再び姿を見…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら