[PR]

 サッカーのルヴァンカップは26日、埼玉スタジアムで決勝があり、川崎が札幌を下して、初優勝を遂げた。3―3で延長を終え、迎えたPK戦を5―4で制した。川崎は過去4度の準優勝があり、5回目の決勝進出で、2017年、18年のJ1優勝に続くタイトルを手にした。札幌は初優勝を逃した。

 一進一退の激しい展開となり、川崎は延長前半に退場者を出した直後に3点目を失った。しかし、延長後半4分に小林が決めて同点に追いついた。

 MVPには、PK戦で札幌の5、6人目のシュートを止めたGK新井が選ばれた。