W杯会場、世界が驚いた水はけ 秘密は「植木鉢構造」

有料会員記事

野村周平
[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会準決勝の会場、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)が、国際統括団体のワールドラグビーを驚かせた。前日の大雨にもかかわらず、26日のニュージーランドイングランドの熱戦では水たまり一つなかったからだ。世界最高峰の試合に素晴らしいコンディションを提供できたのは、競技場の構造に理由があった。

 試合前日の25日、横浜市には1時間50ミリ弱の雨が断続的に降り、準決勝に備える各チームは水しぶきを上げながらの練習を余儀なくされた。

 しかし、秋晴れが戻った26日のピッチはいつも通り青々としていた。芝生を管理する新横浜公園管理事務所の山口義彦さん(54)は「芝生に水がたまっても、30分もすればひく。ワールドラグビーの会場担当者も驚いていた」。

 秘密は、競技場の構造にある…

この記事は有料会員記事です。残り385文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら