[PR]

 スピードスケートの今季国内開幕戦、全日本距離別選手権は27日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸で最終日があり、女子1500メートルで世界記録保持者の高木美帆(日体大助手)が1分56秒32で4連覇を果たした。1000メートル、3000メートルと合わせて3冠を達成した。男子1500メートルはウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が1分47秒59で制した。男子1万メートルは伊藤貴裕(同)が13分30秒81で初優勝した。

世界記録保持者、貫禄の4連覇

 高木美の足を包むスケート靴は他の選手より材質が柔らかい。靴にしなりを持たせることでブレード(刃)を扱いやすくし、長く氷を押せる効率のいい滑りが強さを支えてきた。

 その滑りで得意とするのが15…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら