[PR]

 同居する妻の首を絞めて殺害しようとしたとして、福島県警は27日、同県郡山市神明町の無職深谷文幸容疑者(63)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。妻は死亡が確認され、県警は容疑を殺人に切り替えて調べる。深谷容疑者は「介護に疲れた」という趣旨の供述をしており、容疑を認めているという。

 県警によると、深谷容疑者は27日午前3時15分ごろ、自宅のマンションで寝ていた妻ヒデさん(88)を首を絞めて殺害しようとした疑いがある。ヒデさんは病院へ運ばれたが、約1時間半後に死亡が確認された。

 深谷容疑者はヒデさんと2人暮らしで、自ら「寝ている妻の首を絞めて殺した」と110番通報した。ヒデさんは寝室のベッドに横たわっていたという。

 近くに住む50代のパート女性は「(深谷容疑者は)元気で愛想の良い人。怒っているのを見たことがない。ただ、奥さんがいるのは知らなかった。外にいるのは見たことがなかった」と話した。