[PR]

 創部100周年の東大野球部が、東京六大学秋季リーグの同校最終戦で神宮を沸かせた。27日、神宮球場で行われた法大との2回戦。優勝の可能性を残す法大相手に、六回まで4―1とリード。そこから逆転されて4―6で敗れ、2年ぶりの1勝はならなかったが、指揮官は「勝ったとき以上にこみ上げてくるものがある」と涙を浮かべた。

 何よりスタンドを沸かせたのは、東大の左腕・小林大雅(ひろまさ)(4年、横浜翠嵐)の快投ぶりだ。前日3安打完投。1本の適時打で2点を失い惜敗したエースがこの日も先発し、巧みに緩急をつけた投球で立ち上がりから法大打線を抑え込んだ。

 その姿に、前日無得点だった打線も奮起。「小林になんとか勝ちをつけたかった」。一回、先制点につながる二塁打を放った主将の辻居新平(4年、栄光学園)は話す。4―1で迎えた七回以降、さすがに「疲れが出てきた」と明かす小林は、七回に連続四球と適時打で2点を失い、八回はロッテ5位指名の法大主将・福田光輝(4年、大阪桐蔭)にソロ本塁打を打たれて同点。九回、3長短打でついに勝ち越しを許してしまう。それでも試合後、「僕に1勝を、という皆の思いが伝わってきた」と涙ぐみ、「悔いは残りますが、このチームでできて本当によかった」と実感をこめた。

 東大が最後に勝った2017年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら