[PR]

文化勲章の甘利俊一さん

 プロの囲碁棋士に勝ったり、人の顔を瞬時に見分けたり。幅広い分野で使われるようになった人工知能の中核技術を考案するなど、時代の最先端を切り開いてきた。「やりたいことを好き勝手にやって、それが結果に結びついた。ラッキーでした」と振り返る。

 最初に取り組んだのは、脳の仕…

この記事は有料会員記事です。残り266文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。