[PR]

 静岡市清水区や焼津市の組合に所属するサクラエビ加工業者のうち約4割が廃業を検討していることが静岡経済研究所(静岡市葵区)の調査で分かった。サクラエビの不漁が関連業者に深刻な影響を与えている。

 調査は9~10月、由比桜海老商工業協同組合、蒲原と大井川港の桜海老商業協同組合に所属する加工業者を対象に実施し、半数にあたる29社から回答を得た。

 調査によると、24・1%が「廃業する可能性がある」、13・8%が「廃業せざるを得ない」と回答し、合わせて4割近くになった。特に個人事業主でいずれかを回答したのは61・5%に上った。

 また、79・3%の事業者が5…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら