米ワシントン近郊にも慰安婦像 除幕式に州副知事ら出席

アナンデール=園田耕司
[PR]

 米ワシントン近郊のバージニア州アナンデールで27日、韓国系米国人らの市民団体が、慰安婦を象徴する少女像を私有地に設置した。この団体によると、米国での少女像の設置はカリフォルニア州やミシガン州などに続き、5番目。

 この日にあった除幕式には、市民団体メンバーや元慰安婦のほか、バージニア州のフェアファックス副知事や議会関係者が出席してあいさつ。ノーサム州知事の祝辞も代読された。

 アナンデールは韓国系米国人が多く住む「コリアンタウン」で知られる。市民団体代表は朝日新聞の取材に対し、設置理由について「元慰安婦の人々に対する日本政府の公式の謝罪を求めるとともに、ここで生まれ育った我々(韓国系米国人)の第2世代を教育するため」と語った。(アナンデール=園田耕司