[PR]

ラグビー トリビア

 ラグビー高校日本代表で故・平尾誠二さんと一緒にプレーし、早稲田大学ではいぶし銀のフランカーとして活躍した恵藤公浩記者(57)。早大の司令塔、スタンドオフ(SO)として巧みなパスと左足のキックを操り、1986年度の全国大学選手権決勝にも出場した森田博志記者(55)。かつて臙脂(えんじ)と黒のジャージーを着て世間を沸かせた2人の記者が、ラグビーのルールや魅力を緩く、深く読み解きます。

 試合開始前に肩を組んで歌う南アフリカ選手の背丈の「でこぼこ」は大きい。204センチのエツベスら2メートル級の選手がいる中、172センチしかないデクラークは本当に小さく見える。ただ、小柄なSHの存在感は大会が進むにつれ、どんどん大きくなっている。

 準決勝のウェールズ戦。日本を苦しめた準々決勝から切れ味はさらに増した。攻めてはスペースに巧みに蹴り込む。守っても強烈なタックル。食い止められないとみると、ダイビングして相手の足首を手のひらでたたいてバランスを崩させる技も見せた。

 「アンクルタップ」と呼ばれて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら