[PR]

 高校サッカーの強豪・私立星稜高校(金沢市)の副校長で、サッカー部の総監督を務める河崎護氏(60)に対し、同校を運営する稲置学園が職務を一時停止していることがわかった。部員への暴力・暴言などの疑いがあるとの指摘を受け、25日に調査委員会を設置し、対応した。学園側は取材に対し、「事実関係は現在のところ不明だが、事実の解明に向けて速やかに調査を進めたい」としている。

 学園総務部によると、調査委は28日から関係者らへの聞き取りを始めた。河崎氏は現在、自宅待機の状態という。

 河崎氏をめぐっては、練習中に部員の頭をたたいたり、試合中にベンチから部員に暴言をはいたりしたという情報が学園に寄せられているという。

 同校サッカー部は2015年1月に全国高校サッカー選手権大会で優勝するなど強豪で知られる。サッカーワールドカップで活躍した元日本代表の本田圭佑選手らを輩出している。