[PR]

 梅毒患者が3年連続で5千人を超えた。感染拡大を防ぐため、厚生労働省は患者が薬をのみ忘れたり、途中でやめたりしていないか保健所を通じて確認する方針を決めた。治療を途中でやめると、細菌が残り、他の人にうつしたり、症状が悪化したりするおそれがあるからだ。患者が多い都市部中心に始める予定だ。

 患者は2010年以降、年々増加。18年は7001人と49年ぶりに7千人を超えた。19年も10月13日までで5221人が報告されており、3年連続で5千人を超えた。女性は20~30代に多く、男性は20~50代に多い。性産業に従事する若い女性や客となる男性の間での感染が指摘されている。

 梅毒は抗菌薬で治療する。完治するには早期で見つかっても約4週間毎日3回ずつ薬をのみ続ける必要がある。だが、東京慈恵会医科大の石地尚興教授(皮膚科)は「4週間欠かさず薬をのみ続けるのはハードルが高く、ちゃんと薬をのんでくれない患者がいる」という。治療が完了しなくても症状が消えるため、薬をやめてしまう場合が少なくないという。

 こうした実態を受け、厚労省は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら