【動画】東京五輪への思いを語る野球日本代表の稲葉篤紀監督
[PR]

 巨人のキャプテン坂本勇人が三塁を守り、ヤクルトの中心選手・山田哲人が一塁ミットをはめる。野球の日本代表「侍ジャパン」が、国際大会「プレミア12」(11月5日初戦)に向けて行う合宿で、普段はあまり見られない光景が繰り広げられている。主力も例外ではない、不慣れなポジションへの挑戦。国際大会特有の準備でもある。

 沖縄合宿初日の10月28日。日本シリーズに出場していたソフトバンクと巨人の選手たちが、練習に合流した。

 遊撃を守っていた坂本がノックの途中、三塁手の練習を始めた。「もしかしたらやる機会があるかもしれないので、準備だけはしておきたい」。遊撃手用のグラブのまま、無駄のない動きで、打球をさばいていた。見届けた稲葉篤紀監督は「意外とできる。精力的に練習してくれて、ありがたい」と話した。

北京での苦い記憶

 稲葉監督はもともと、普段守っていない守備位置を任せることには消極的だ。

 以前インタビューした際、「自…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら