[PR]

 犬や猫の殺処分ゼロを目指そうと、和歌山市は動物愛護管理センター(同市松江東3丁目)を完成させた。収容可能数も増え、屋外には保護した犬の運動や訓練ができるドッグラン施設を設けた。10月15日から業務を開始している。

 センターは敷地面積約1700平方メートル。事務所棟と動物棟がある。事務所棟では動物愛護教室を開催する部屋や、猫の譲渡推進や室内飼育の啓発をする室内ガラス張りの猫飼育室を設けた。動物棟では保護した犬猫の簡易治療や不妊去勢手術を実施する。センターの開設により、これまで市の保健所で収容してきた数よりも収容可能数が増え、犬が18匹から40匹、猫が12匹から50匹となった。

 自治体がふるさと納税を通じて寄付を募るガバメントクラウドファンディングで約2800万円が寄せられ、手術台や照明装置などにあてた。

 市生活保健課によると、昨年度…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら