拡大する写真・図版 ハーベストグループの金融支援からの離脱について記者会見で説明するJDI常務執行役員(当時)の菊岡稔(中央)ら=9月26日、東京都港区

写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 9月26日午後1時ごろ、液晶パネル大手JDIの東京・西新橋の本社で取締役会が始まった。その途中、金融支援の最終契約を結んでいた中国の大手投資会社ハーベストグループが「出資を見送る」と正式に通知してきた。ハーベストは計800億円の支援のうち633億円を負担することになっていた。

 JDIは、翌日の臨時株主総会に金融支援の受け入れに必要な議案を諮る予定だった。その直前に、支援の枠組みが崩れる異常事態に陥った。多くの株主がすでに議決権を行使していた。取締役会は、最大の出資予定者が離脱したまま、株主総会の開催を強行せざるを得なかった。

 金融支援の受け入れ交渉は今年4月以降、二転三転。JDIは交渉の主導権を握れず、出資予定者に翻弄(ほんろう)され続けている。

JDIには、新たな「救世主」として台湾や中国などの企業が現れました。しかし安心したのもつかの間、その姿勢はすぐにはっきりしなくなり、支援をするはずだった4社のうち3社が離脱する事態になっています。連載最終回の3回目では混迷を極めた支援交渉を振り返ります。

「栄光を取り戻そう」

 4月26日。台湾の電子部品大…

この記事は有料会員記事です。残り1353文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1353文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1353文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら