[PR]

 トランプ米大統領は28日、過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者が死亡した米軍の急襲作戦で使った軍用犬の写真をツイッターで公開し、「(容疑者を)捕まえ、殺害するために、素晴らしい仕事をした」と称賛した。犬の名前は「機密情報」として明らかにしなかったが、写真は機密解除したという。米国民らに作戦の成果をアピールする狙いがあるとみられる。

 トランプ氏は27日、急襲作戦を発表した際、この軍用犬がトンネルに逃げ込んだバグダディ容疑者を追いかけ、トンネルの行き止まりに追い詰めたと説明。「美しく有能な犬が、けがをしたが、回復した」と述べていた。

 一方、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は28日の記者会見で「(軍用犬は)軽傷を負ったが、完全に回復している」と説明した。米軍特殊部隊による急襲作戦の映像や写真の機密を解除し、近く公開するための準備をしていることを明らかにした。

 ミリー氏はバグダディ容疑者の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら