拡大する写真・図版 住宅が立ち並ぶ中、にょっきりと存在感を放つ大平和祈念塔。ところどころ四角い点に見えるのは展望フロアの窓ガラス=大阪府富田林市、滝沢美穂子撮影

[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 スペインの建築家・ガウディの世界遺産になぞらえて「富田林のサグラダ・ファミリア」といったら言い過ぎか。でもこの白い巨塔、初めて見た人は思わず二度見してしまう。

 PL教団の聖地にそびえ、高さは180メートル。約2年の工期を経て、大阪万博が開催された1970年に完成した。地元からは「自分がどこにいるかの目印になる」「飛行機から見えると帰ってきたなと思う」と、それなりに愛着を持たれている。

 正式名は長い。「超宗派万国戦…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら