[PR]

 古くから交流の舞台となり、文化や歴史を理解する上で重要な意味を持つ街道や運河を文化庁が選定する「歴史の道百選」に、静岡県と山梨県をつなぐ「みのぶ道(みち)」が選ばれた。かつて武田軍が軍用路として使ったと言われる道で、静岡県内の馬坂峠(富士市)と関屋峠(静岡市)の2カ所が含まれている。また、すでに選ばれていた東海道に、静岡市から藤枝市にかけての宇津ノ谷峠越が追加された。

 歴史の道百選はまず1996年に78件が選定され、県内では東海道や天城峠のある下田街道など4件が選ばれていた。今回、文化庁は新たに36件を追加。全国で計114件となった。

 県文化財課によると、みのぶ道は駿河湾近くから久遠寺(山梨県身延町)を経て甲府市まで、全長約80キロをつなぐ。岩淵(富士市)から富士川沿いを行く道と興津(静岡市清水区)から北上する二つの道があり、山梨県南部町万沢で合流するという。「駿甲脇往還(すんこうわきおうかん)」「身延街道」といった呼称もあるが、甲府側の道しるべに「みのぶ道」と書かれていたことから平仮名での表記となった。

 県がまとめた「静岡県歴史の道…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら