[PR]

 「犬猫のがんに効く」とうたい、医薬品として承認されていないサプリメントを販売したとして、大阪府警は29日、横浜市旭区のペット用サプリ販売会社「ベストライフデザイン」社長塩沢由貴夫容疑者(59)を医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告・販売)容疑で逮捕し、発表した。

 生活環境課によると、塩沢容疑者は8~9月、自社のホームページで、医薬品として農林水産相の承認を得ていないペット用サプリ「プライオ」など3商品を「がんに効く」と広告したうえ、プライオ4個(計約4万6千円)を大阪や兵庫、栃木の3府県の女性3人に販売した疑いがある。

 府警によると、同社は昨年3月と今年1月、広告をやめるよう神奈川県から指導を受けたが、販売を継続。府警は押収資料などから2016年5月以降、プライオで計約2千万円を売り上げていたとみている。