[PR]

台風19号支援通信

 水戸市は、被災住宅が応急修理すれば居住可能になる場合、限度額まで負担する。屋根や外壁、上下水道、トイレなど日常生活に不可欠な部分が対象で、内装や家電製品などは対象外。費用を補塡(ほてん)する制度ではなく、市が契約のうえ修理業者に支払うため、自ら工事を発注した場合も対象とならない。対象家屋は大規模半壊、半壊が限度額59万5千円、準半壊が同30万円。申し込みは29日から、罹災(りさい)証明書、住民票などとともに市住宅政策課(029・232・9222)へ。