[PR]

 農業の担い手確保などにつなげようと、有機農産物の新ブランド「SHONAI ROOTS(ショウナイルーツ)」が誕生した。山形県鶴岡市内の街づくり会社ヤマガタデザイン(YD、山中大介社長)と地元JAが連携して販路開拓や流通を手がけ、市も普及を支援する。来春以降に本格出荷の予定で、5年後の販売額2億円達成を目指す。

 新ブランドはYDが管理。鶴岡市内で栽培し、有機JASの認定基準などに見合っているかを審査する。共通のパッケージを使い、JAの流通網や代金決済機能を利用することで、生産者のコストと労力を減らせるという。農産物の付加価値を高めて生産者の所得向上につなげ、生産意欲を引き出す狙いだ。

 YDは生産者から管理料などを受け取る。収益の10%は、鶴岡市が来春に開校させる「市立農業経営者育成学校(SEADS)」の運営費に充てるという。

 YDは有機野菜の栽培も手がけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら