[PR]

 千葉県長柄町にある国史跡「長柄横穴(よこあな)群」が、台風15号や19号、さらに今回の大雨のため、見学が不可能な状況が続いていることが29日、分かった。幸い、遺跡そのものには被害が出ていないと見られるが、復旧までにはしばらく時間がかかりそうだ。

 長柄横穴群は指定面積2万2721平方メートルで、横穴墓36基がある。同町などによると、台風15号以来の雨風で、指定地域内で20本以上の木が倒れ、その一部が横穴墓の見学路を塞いだ。さらに、見学路の一部で路肩が崩れている。

 横穴墓は丘陵地の斜面に横穴を掘って、墓にしたもの。墓の内部や周辺などは崩れていないと見られるが、倒木の一部は墓の上部の斜面に引っかかったままになっている。

 田中武典副町長の話では、すで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら