[PR]

 てんかんの発作が起きた時、脳内の温度が約1度上がり、脳内のたんぱく質が異常に活性化することを、群馬大学の柴崎貢志准教授(分子細胞生物学)らの研究グループが突き止め、科学誌「ラボラトリー・インベスティゲーション」に発表した。脳を冷やすことで、発作を抑えられることをマウスの実験で確かめた。

 柴崎准教授らのグループは、開発した局所脳内温度計を使い、てんかんの発生している脳の部分(原性域)の温度を測ったところ、正常な脳よりも1度ほど高いことがわかった。さらに、脳内温度を管理している「TRPV4」というたんぱく質が異常活性化し、てんかんの発作を起こす神経活動が強まることを突き止めた。

 柴崎准教授らはさらに、てんか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら