[PR]

 注射や検査を嫌がる子どもに、ゴーグルで仮想現実(VR)を見せて気をそらし、治療をスムーズにする試みを、埼玉医大の国際医療センター(埼玉県日高市)が始めた。入院中の子どもの検査などで試しており、心理的にも肉体的にも負担を減らす可能性があるという。

 10月、小児心臓科に入院している子どもを対象にVRを導入した。ゴーグルのソフトは、現実の風景にアニメなどが重なって見える「拡張現実」(AR)と、背景も漫画アニメなどで外が見えないものとがあり、子どもや処置に応じて使い分ける。

 この日は、心臓病で入院している子どもの採血に利用した。担当の小島拓朗医師が「アニメがいいかな、それとも回りが見えるほうがいいかな」と聞くと、子どもは雪景色のARを選んでゴーグルをかぶった。小島医師が「雪だるまが見えるかな」「上には何があるかな」などと声をかけ、子どもが上下左右を見回すうちに、看護師が腕に針を刺して採血した。

 小島医師は「大人なら言葉で理…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら