[PR]

 プロ野球西武の秋山翔吾外野手(31)が29日、出場選手登録が9年に達して今季取得した海外フリーエージェント(FA)権を行使し、今オフの大リーグ移籍をめざすと表明した。「自分のレベルがどれほど通用するか知りたいし、最高峰の舞台で戦いたい」と語った。28日に西武に申請の書類を提出したという。

 八戸大から2010年秋のドラフト3位で西武に入団。15年にプロ野球最多の1シーズン216安打を放った。17年には日本代表「侍ジャパン」の一員として、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも出場した。

こんなニュースも