[PR]

 「肩の強さはドラフト候補の中でもトップクラス」。そう評価され、日本ハムから6位指名を受けた。広島文化学園大学から初のプロ野球選手が誕生する。

 小学生のころ、父と旧広島市民球場に通った。「この一体感の中で野球がしたい」と、5年生から野球を始めた。壁に跡が残るほど壁当てを繰り返した。そうして鍛えた肩を見込まれ、捕手を任された。

 高校は甲子園出場経験もある高陽東へ。部員が多く、競争は激しかった。日ごとのスイング数が掲示され、誰にも負けたくない一心で、1800スイングを超える日もあった。

 試合で打たれた後は、一球一球…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース