[PR]

 NTTドコモは29日、従来型携帯電話(ガラケー)のインターネット接続サービス「iモード」を2026年3月末に終了すると発表した。スマートフォンの普及で契約数が減り、次世代の高速移動通信方式「5G」に経営資源を集中させるためという。

 iモードは電子メールの送受信や、インターネットでの情報検索サービスとしてドコモが開発し、1999年2月に始めた。ピーク時の2010年には契約数が4900万件を超えたが、スマホの普及で今は760万件まで減った。吉沢和弘社長は29日の会見で、「モバイルインターネットの普及に貢献した。その成果がスマホに引き継がれている」と振り返った。

 また、ドコモはガラケー中心の3Gサービス「FOMA」も26年3月末に終了する。2千万件超の契約があるが、今後はスマホへの移行を促す。(井上亮)