[PR]

 夫の遺志を継ぎ、佐賀県鳥栖市の一軒家でカフェを営んでいた女性が、15日限りで店をたたむ。

 同市蔵上4丁目の古賀邦子さん(64)。大阪府生まれで、福岡県久留米市で暮らしていた17年前、3歳年上だった直司(なおじ)さんとバーで知り合った。

 同県小郡市出身の直司さんは、ついのすみかにと「川沿いの眺めの良い場所」を鳥栖市内で見つけ、建物を設計していた。誘われて見に行った邦子さんに、直司さんは「ここで一緒に暮らすか?」。プロポーズの言葉だった。

 オープンデッキに芝生の庭。田園風景を行き交う列車。「この眺めをお客さんに楽しんでもらうのもいいかもしれないね」。60歳を機に整体院の経営から身を引いていた直司さんに、邦子さんはカフェを始めることを勧めた。6年前のことだ。いい夫婦の日にちなみ、11月22日に開店。名前は「パレア」にした。

 しかし3年前の春、直司さんに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら