【動画】製造から約60年経つ「噴水式ジュース自動販売機」=市野塊撮影
[PR]

 約60年前に製造されたジュースの自動販売機が島根県大田市の商店街で現役を続けている。その名も「噴水式ジュース自動販売機」。今年も秋祭りに登場、子どもらが列を作った。

 大田市大田町大田の商店街で、春と秋の年に2回だけある祭り「彼岸市」。9月22日、出店が並ぶ中、ジャムなどを製造販売する「さんべ食品工業」の店先に、一風変わった自販機が置かれていた。

 オレンジ色のジュースが噴水のように透明の容器内に噴き出しており、10円を入れると「ブー」と音が鳴る。ほどなく注ぎ口から出てきたのは、地元産の甘夏と八朔(はっさく)のジュース(60ミリリットル)だ。

 近くに住む小学4年の豊田陽向(ひなた)さん(10)は「こんなの初めて見ました。ボタンも何もなくて、お金を入れると勝手にジュースが出た」と笑った。

 友人たちと来ていた大田市仁摩町の女性(47)は「いつもは子どもたちがもっと並んでいて、今回初めて飲めました。面白い機械なので、また使いたい」。

 噴水式ジュース自販機は高さ約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら