終わり見えない難民問題…それでも緒方さんの足跡は残る

有料記事

イスタンブール=其山史晃、リヤド=高野裕介

 国連難民高等弁務官国際協力機構JICA)理事長として活躍した緒方貞子さんが死去した。あらゆる脅威から人々の生存や尊厳を守る「人間の安全保障」の重要性を提起し、世界各地の難民や国内避難民の支援に尽力した。だが今、世界で家を追われた難民らは過去最多の7千万人に上る。難民問題はより深刻化し、各国も受け入れの寛容さを失いつつある。

 紛争の現場には、苦悩する難民らの姿があった。

 「私たちをもう誰も受け入れてくれない。頼みの綱のトルコにいられなくなったら、行く場所がない」

 昨年11月にシリア北西部の反体制派の支配地域から妻子と逃れ、トルコ南部ガジアンテップで暮らすシリア難民のムハンマド・ナシッドさん(26)は嘆いた。

 2011年の危機から8年以…

この記事は有料記事です。残り1151文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!