[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会のボランティアに支給されるユニホームなどが、フリーマーケットアプリに相次いで出品され、大会組織委員会が頭を悩ませている。転売後に悪用された事例は確認されていないというが、組織委は転売しないよう呼びかけている。

 「ラグビーワールドカップのセット! 非売品です」「2回ほど着用しましたが、全然美品です」

 フリマアプリには大会開幕直後から、購入を呼びかける書き込みがあった。ポロシャツや帽子、バッグなどの一式が約8万円で出品されているほか、ウィンドブレーカーが2万3千円で売られた記録も残っている。

 組織委は大会前、約1万3千人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら