[PR]

それぞれの最終楽章・看取りの作法(1)

横浜市立大准教授 日下部明彦さん

 入院していた肉親が夜間に亡くなり、当直の医師がぼさぼさ頭、素足にサンダル履きで不機嫌そうに病室に入ってきました。家族には初めて見る医師です。

 名乗りもせず、ぞんざいに脈拍がないことを確認すると携帯電話で時間を確認、「○時○分、死亡確認しました」と事務的に告げます。カルテも見ずに乱雑な字で死亡診断書を書き、そそくさと退室していきます。

 こんな目に遭ったら、故人とお別れする厳粛な雰囲気は台無しです。

 30代の頃、病院の緩和ケア病…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら