[PR]

 被爆後の広島で懸命に生き抜いた女性を描いた「キセキのヒロシマ」という漫画がある。原作者の多田多延子(たえこ)さん(51)が自費出版し、2016年には英語版も出した。次はフランス語での出版を目指し、クラウドファンディング(CF)で支援を呼びかけている。

 漫画の主人公は多田さんの曽祖母、巴(ともえ)さん。巴さんは56歳で迎えた原爆投下の日、娘で多田さんの祖母にあたるアキコさんを失った。後に残った当時5歳の女の子と1歳の男の子を巴さんが育てた。多田さんの母と叔父になる人たちだ。

 漫画の舞台は、復興に向かう広島。困難に直面する巴さんが、焦土に咲くカンナの花に勇気づけられ、周囲の人たちと助け合いながら2人の孫を育てていく。

 巴さんのひ孫にあたる多田さん…

この記事は有料会員記事です。残り708文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り708文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り708文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース