[PR]

 自民党の二階俊博幹事長と公明党の斉藤鉄夫幹事長らは30日、東京都内で会談し、2020年度から始まる大学入学共通テストで活用される英語の民間試験について、受験生や関係者に不安を与えることのないように文部科学省に申し入れることで一致した。

 自民党の森山裕国会対策委員長は会談後、「受験生のみなさんにしてみるといま一番大事な時期だ。不安になることがないよう、しっかり対応するようにということを申し上げる」と記者団に語った。民間試験の導入延期の可能性については「そこまで踏み込んで(求めて)いるわけではない」と述べるにとどめた。

 民間試験をめぐっては、萩生田光一文部科学相が「身の丈に合わせてがんばって」と発言。教育格差を容認するような教育行政トップの発言に関係者から批判の声が上がり、謝罪・撤回に追い込まれた。