写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 台風19号は多数の住宅に浸水被害をもたらしました。昨年7月の西日本豪雨で大規模な浸水被害が出た岡山県倉敷市真備町地区では、まだ傷痕が残るなか、再建された家も増えつつあります。専門家は「再建・修繕は焦らず、急がずが鉄則」と指摘します。

西日本豪雨の被災地は

 住宅約5500棟が全半壊した真備町地区。平松敬一さん(71)が発生から約1カ月後に建て替えを決断した自宅は来月、完成予定だ。「被災直後は泥だらけになった家を見て泣いた。ようやく前を向けるようになった」と話す。

 昨年7月6日、平松さん宅は2階まで水没。救助ボートで一命を取り留め、親類宅に身を寄せた。数日後に自宅から約5キロのアパートを借り、自宅の片付けに毎日通った。

 発生から10日ほどで、市が約3400戸のエリアを一括して全壊と認定。平松さんの自宅も含まれた。すぐに公的支援を受けるのに必要な罹災(りさい)証明書を取得し、市に被災者生活再建支援金を申請した。

 火災保険は水害補償の契約がなかった。支援金は新築費用に到底届かず、高齢でローンも組めない。一人暮らしのため地区外の介護付き高齢者住宅への入居なども考えた。でも先祖代々の土地は捨てられず、自己資金で再建することを決めた。

後半では、住宅の再建・修繕の際に注意すべきポイントを紹介します。

 地元の建設会社に依頼したが、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら