[PR]

 北九州市を舞台にした映画の制作を続ける、同市出身の三村順一監督(71)。ご当地映画の3作目は高校の女子ソフトボール部の奮闘を描く青春ドラマで、実名で登場する東筑紫学園高校(小倉北区)の生徒たちも撮影に加わった。

 映画のタイトルは「エースになるっちゃ」。「グッバイエレジー」「君は一人ぼっちじゃない」に続く、北九州が舞台の作品だ。

 市内に女子ソフトボール部の実業団チームがあることなどから題材の候補に。地元企業の仲立ちで同高の協力を得られることになり、高校の女子ソフト部が存続をかけて大会に臨むストーリーになった。

 三村監督は、登場するソフト部…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら