[PR]

患者を生きる・眠る「読者編」(7)

 「認知症の介護」には、多くのお便りをいただきました。

 ●不安と孤独の日々

 現在91歳の母が認知症と診断されたのは7年前です。新潟県で一人暮らしをしていた母の介護のため、私は保育士の仕事をやめ、家族とも離れて実家に戻りました。

 別人のようになった母の姿を見るのがつらく、「一人っ子の自分が面倒を見るしかない」という重圧も感じ、食欲が落ちて眠れなくなりました。睡眠導入剤をのんでようやく眠れるようになりましたが、不安感と孤独感が消えることはありませんでした。

 知人から聞いた「認知症の人と家族の会」の集まりに参加して、切ない気持ちを聞いてもらえたのはとてもありがたいことでした。デイサービスも利用しました。それでも、やがて限界がきました。

 「母を殺して自分も死のう」と…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら