[PR]

 流通大手イオンは、レジ袋の有料化を来年4月にもグループ全店に広げる方針を固めた。コンビニ「ミニストップ」や、ドラッグストア「ウエルシア薬局」などを含む。政府による全小売店への有料化の義務づけは、当初予定の来春からの先送り論も出ているが、イオンは、その行方にかかわらず有料化の全面実施を進める。

 使い捨てプラスチックの削減は、国際的な課題だ。

 総合スーパー「イオン」では、すでに2013年から全店で有料化。その後、スーパー「マックスバリュ」などにも広げており、今年9月1日時点で約2千店にのぼる。実施店でのレジ袋の辞退率は8割を超えている。

 一方、コンビニやドラッグストアでは「気軽に立ち寄る場所にマイバッグはなじまない」といった見方から無料での配布を続けてきたが、環境問題をこれまで以上に重視し、有料化に踏み切る。

 今年6月、コンビニ「ミニスト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら