[PR]

 7月の参院選広島選挙区で初当選した自民党の河井案里氏の事務所が運動員に法定上限を上回る報酬を支払っていた疑惑が浮上し、与党内で国会運営などへの影響を懸念する声が出ている。河井氏の夫は克行法相。週刊文春の電子版が30日、報じた。

 電子版は、案里氏の事務所が選挙の際、選挙カーのマイクを握る運動員に対し、公職選挙法に違反する額の報酬を支払っていたと報じた。その中で、克行氏の元公設秘書の関与も指摘している。

 週刊文春は31日に発売予定。案里氏と克行氏の事務所は30日にそれぞれ、「明日(31日)記事を拝見する」とコメントを出した。

 寄付をめぐる疑惑で辞任した菅原一秀前経済産業相に続く不祥事報道。法相は31日、参院法務委員会に出席する予定で、野党から追及を受ける可能性がある。与党内に危機感が広がっており、自民党の閣僚経験者は「少なくとも国会でもめるだろう」。別の閣僚経験者も「法相の秘書が関わっていたら、法相本人への追及は免れない」と語った。